2009年10月31日

manコマンドの日本語化

linuxではmanというコマンドでコマンドやC言語の関数の解説を参照することができるので、プログラミングをするときには大変便利です。

ところが、デフォルトの状態で表示されるのは、英語の解説なので英語の苦手な人にとってはほとんど役に立たないと思います。


そこで、今回はmanコマンドで表示される解説を日本語化するパッケージをインストールしたいと思います。


manコマンドを日本語化するパッケージはFedora11のリポジトリに用意されているのでyumコマンドで簡単にインストールできます。


インストール手順はいつもどおりですが一応書いておきます。

1.端末で開き、ルート権限でログインする。(suコマンド)


2.「yum search」コマンドでパッケージを検索する。


・「yum search manual」で検索すると、マニュアルに関するパッケージが表示されるのでこの中から、日本語マニュアルのパッケージを探します。

manual-search.png

3.「yum install」コマンドでパッケージをインストールする。

・2で検索して判明したパッケージ名を指定して以下のようにインストールします。


manual-install.png


以上でインストールが完了するので、適当なコマンド名やC言語の名前を指定して確認してみてください。

manコマンドは次の形式で実行します。


man [option] コマンド名(関数名)



例えば、「man man 」と、入力するとmanコマンドの説明が端末画面ウインドウに表示されるので、これでmanコマンドの使い方を確認できます。

ただし、マニュアルは種類によって分類されているので、コマンド名(関数名)の前に分類コード(番号)を指定すると、より確実に表示することができます。

例えば、Linuxコマンドの多くは1、システムコール(linux固有のC言語関数)は2、C言語のライブラリ関数は3、というように分類されています。



今回までで、最低限のプログラミングを学習する環境は構築できていると思います。


あとは、インストールしたソフトをとにかく使ってみて、試行錯誤しながら自分にあった環境を作っていくことになると思います。

ラベル:Linux
posted by mechanical_doll at 03:47| Comment(0) | Fedora11プログラミング環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。