2010年03月20日

openSUSE11.2(KDE)のまとめ

ここまで、openSUSE11.2のKDE版について書いてきましたが、とりあえず今回で最後ということにしておきます。

そこで、今回はこれまで2か月以上openSUSE11.2(KDE)を使ってみて私が感じたことをまとめておこうと思います。


まず、私が感じたopenSUSE11.2のKDE版(LiveCD)の特徴をあげてみます。


1.「YaST」を使って管理者設定をGUIで行える。

・openSUSEでは、「YasT(YasT2)」という管理者権限が必要なシステム設定を一元的に行うことのできるGUIアプリケーションが搭載されています。
これにより、設定ファイルの編集が必要なlinuxのシステム設定も、GUIで比較的楽に行うことができるので、初心者が手を出しにくい機能も使いやすくなっています。



2.比較的新しいアプリケーションのパッケージをリポジトリからインストールできる。


・Fedoraには及ばないかもしれませんが、openSUSE11.2のリポジトリからインストールできるアプリケーションは比較的に新しいものが多いような気がします。
たとえば、WebブラウザのFirefoxは3.5.8(最新版は3.6)、オフィスソフトのOpenofficeは3.1(同3.2)、Gvimは7.2(最新版は7.2?)が使用できます。
さすがに最新版とはいかないようですが、最新パッケージがリポジトリに追加される度に随時アップデートで更新できるので、可能な限り新しいアプリケーションを使えるようになっています。
(リポジトリ外から最新版をダウンロードしてインストールする方法もありますが、その必要はほとんどないかもしれません。)



3.安定したKDE(KDE4)環境


・これまで私は、Fedora11のKDE版(KDE4)やDebian5.0.3のKDE版(KDE3)など、いくつかのKDEデスクトップ環境を搭載したディストリビューションを使って来ましたが、私の環境では動作が極端に重かったり、アプリケーションのクラッシュが頻発したりして、安心して利用できるものではありませんでした。(KubuntuのLiveCDも試してみたのですが、LiveCDの時点で動作が不調だったので、インストールを断念しました・・・)
一方、openSUSE11.2のKDE版では、うまく動作しないアプリケーションが一部あるものの、そのほかは非常に安定して動作するので、安心してKDEデスクトップ環境を利用できます。
やはり、KDEデスクトップ環境を標準で採用していたという歴史的な蓄積が影響しているのかもしれません。



4.KDEなのにKDEアプリケーションが少なめ(LiveCD)


・本来KDEのデスクトップ環境ではオフィスソフトに「Koffice」、ペイントソフトに「KolourPaint」が採用されていて、最初からインストールされていることが多いのですが、openSUSE11.2のKDE版ではなぜかこれらに代わって「OpenOffice」と「GIMP」がインストールされています。
openSUSE11.2はKDEデスクトップ環境としての統一感よりも実用性を重視した仕様なのかもしれません。




5.インストール時の日本語環境が不十分(LiveCD)


・LiveCDからインストールするとインストール時に「言語」を日本語にしても、日本語化パッケージや日本語入力メソッドがインストールされないので、初期設定に手間がかかります。
また、インストーラの日本語化も不十分なので、最低限の英語は読まなければなりません。
英語が苦手な人でも辞書で調べれば何とかなるレベルなのですが、慣れていないと思わぬ失敗をしてしまうこともありえるので、linuxを使い始めたばかりの人は手を出しにくいかもしれません。




6.初心者にやさしい便利な機能や設定が利用できる。


・openSUSE11.2は、インストール時の設定によっては初心者向けのディストリビューションとして有名な「Ubuntu」のように1つのパスワードでシステムを管理でき、「sudo」コマンドもデフォルトで利用できるようになっています。

また、起動時にユーザ名を入力せずにログインできる「オートログイン」機能もあり、起動時のユーザパスワード入力も省略することも可能になっています。
(ただし、これらはセキュリティ上あまり好ましくない設定ですが・・・)

さらに、セキュリティ更新やアプリケーションのアップデート確認を自動的に行ってくれるデスクトップアプレットも搭載されていて、更新を忘れて古いバージョンを使いつづけることのないようにしてくれます。(これはWindowsアップデートの自動更新機能と同じようなものといえます。)

これらはこれまでWindowsを使ってきた人には感覚的に馴染みやすい設定や機能で、linux初心者でもWindowsに近い感覚で使用できると思います。




素人の私が挙げられる特徴としては、こんなところだと思います。
全体的に見て、openSUSE11.2(KDE)は、使いやすく安定したディストリビューションで、初心者向けのディストリビューションとして十分通用するものだと思います。
日本ではいまいち普及していないopenSUSEですが、個人的には人気のある某ディストリビューションよりも使いやすく感じました。
今後日本語ドキュメントや日本語環境の対応などが充実すれば、日本でもさらに普及するのではないでしょうか。
ラベル:openSUSE KDE4 Linux
posted by mechanical_doll at 05:00| Comment(0) | openSUSE11.2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。