2010年03月09日

openSUSE11.2の外観設定【前編】

前回まででopenSUSE11.2(KDE)の基本的な環境が整ったので、今回から2回に分けて外観の変更について書こうと思います

とはいっても、openSUSE11.2のKDE版で採用されているのはKDE4(KDE4.3.5)なので、方法は他のディストリビューションのKDE4の方法と同じです。
以前Fedora11のKDE版でも書いたので、今回は簡単に書いておこうと思います。

openSUSE11.2のKDE版の外観設定は、左下のカメレオンをクリックして開けるKDEメニューから、「アプリケーション>>システム設定」をクリックしてウインドウを開き、外観をクリックして開かれるウインドウから行います。


このウインドウからは以下の項目を設定できます。

1.スタイル

・タブやラジオボタン、チェックボックスなどのGUIパーツの形状をいくつか用意されているパターンの中から選択できます。

・設定を変更したら下の[適用]をクリックして変更を適用します。
(以下の項目でも選択後、変更を適用するために[適用]をクリックする必要があります)


外観設定-スタイル.png


2.色


・ウインドウの色や、表示される文字の色などのカラースキームを変更します。


外観設定-色-before.png


・デフォルトで8種類のカラースキームが用意されていますが、気に入ったものがない場合は、「スキームタブ>>新しいスキームを取得」をクリックしてでKDEのリポジトリから新しいカラースキームを取得できます。


外観設定-カラースキームDL.png



・上のウインドウで好きなカラースキームを選択して「インストール」をクリックして、このウインドウを閉じると、インストールしたカラースキームが追加されます。


外観設定-色-affer.png


・「色」のタブから部分ごとに細かく配色を変更できます。



3.アイコン

・デスクトップやファイルマネージャで表示されるアイコンのデザインを、用意されている「アイコンテーマ」から選択できます。



・デフォルトでは8種類のアイコンテーマが用意されていますが、気に入ったものがない場合は、下の[新しいテーマを取得]をクリックすると、新しい「アイコンテーマ」を「カラースキーム」にようにダウンロードして利用できます。(ただし、ダウンロードを失敗するものもあるようです。)

外観設定-アイコンテーマ取得.png


外観設定-アイコン.png


・なお、このアイコンを変更すると左下のカメレオン(kickoffアプリケーションランチャーのアイコン)も変更され、openSUSEらしさが失われてしまいますが、左下の「kickoffランチャー」のアイコンを左クリックして、「kickoffアプリケーションランチャーの設定」ウインドウで、「アイコン>>システムアイコン>>SUSEgreeter」をクリックすると、元のアイコンに戻せます。


icon-change.png


4.フォント


・システムの標準フォントを変更できます。


5.ウインドウ

・ウインドウのタイトルバーなどの外観を選択します。

・各タイトルバーごとに装飾オプションもあるので、好みに合わせて変更します。


外観設定-ウインドウ.png


6.スプラッシュスクリーン

・起動時に表示されるプログラム読み込み中の画面を選択できます。

・デフォルトでもいくつか用意されていますが、「新しいテーマの取得」からダウンロードしたものを利用することもできます。(サーバの関係なのかインストール失敗することが多いようです)


外観設定-splashscreen-install.png


・選択したスプラッシュスクリーンは下の「テーマをテスト」をクリックして、その動作を確認できます。このとき、テストできないものは使用できないようです。(何かのパッケージが足りないのでしょうか?)


外観設定-splashscreen.png



7.GTKスタイルとフォント


・GTKアプリケーション(GNOMEデスクトップ環境で標準でインストールされているものに多い)のデフォルトのスタイル(GUIパーツの形状)とフォントを指定できます。


・何も設定しないと、KDEのアプリケーション(Qtアプリケーション)と同じものが利用されるので特に変更する必要はないと思います。


・オリジナル版「Firefox3.6」をインストールしていると、GTKのアプリケーションとして扱われるので、指定した外観に変更されます。



外観設定-GTKstyle&font.png



8.感情アイコン


・感情アイコンの管理を行います。

・「テーマファイルのインストール」から新しい感情アイコンのセットを追加できます。

・私はこの感情アイコン使ったことがないので用途がよく分かりません。



以上をそれぞれ変更すれば、アプリケーションの起動したときの印象がかなり変わると思います。
しかし、デスクトップのデザインはほとんどデフォルトのままです。
そこで、次回はデスクトップ上の外観を変更したいと思います。




ラベル:openSUSE 外観 KDE4 Linux
posted by mechanical_doll at 05:00| Comment(0) | openSUSE11.2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。